FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.16 (Thu)

日本音楽療法学会に求人募集に掲載しました

仙台の音楽リハビリデイサービス南光台店にて求人を開始しました。
以下、日本音楽療法学会に掲載されています。

http://www.jmta.jp/jobs/yura-rhythm.html

ご興味ある方はお気軽にご連絡ください。

■■■お知らせ■■■
音リハ講座HP
・【HP】「音楽リハビリ指導員養成講座」9月から全国各地で開催いたします。
・【HP】「高齢者の健康を守る!音楽リハビリ指導員100人養成プロジェクト!」が採用されました。
【大阪】8月2日3日 【仙台】8月9日10日 【名古屋】9月6日7日 【山形】9月20日21日 【東京】9月27日28日 【福岡】10月4日5日 【新潟】10月11日12日 【仙台】10月18日19日 【青森】10月25日26日 【札幌】11月1日2日 【仙台】11月8日9日 【盛岡】11月29日30日 【東京】12月6日7日 【広島】12月13日14日 【静岡】12月20日21日
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

20:16  |  音楽療法  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.25 (Thu)

「ハッピー・バースデイ」を歌わないで・・・

ある事例を紹介します。これはほとんどの介護施設で起こりうる事例だと思います。

87歳の女性がデイサービスに通うことになりました。初めての介護保険サービスを利用です。
はじめのうちは緊張していた様子でしたが、じょじょに施設スタッフやまわりの利用者とも馴染んできました。

通い始めて1か月がたったとき、ちょうどその方の誕生日が重なりました。
88歳の米寿(べいじゅ)です。そのお祝いもかねてスタッフはサプライズイベントを考えました。

バースデイイベントです。施設を暗くして歌いながら誕生日ケーキを出して皆でお祝いしました。
まわりの利用者も大変盛り上がりました。とても良いイベントだったとスタッフも皆満足しました。

バースデーケーキイラスト

ただ、そのご利用者さんはその施設を辞めてしまいました。なぜでしょうか?


「私の年齢を知られたくなかった」ということでした。
スタッフの良かれと思って行った行為が、彼女を傷つけてしまったのです。

ゆらリズムに通っている90代の女性もしっかりお化粧しオシャレをしてきます。お化粧に時間がかかり送迎時間に遅れることもあるくらいです。

これは笑い話ではありません。女性であればいくつになっても(たとえ認知症であろうと)、「美」に対しての意識は持っているということです。

実は、これは以前私が経験した失敗談でした。

なので、ゆらリズムでは誕生日会は行いません。
バースデイカードをその方だけにコッソリお渡ししています。


♩♫♪   ♩♫♪  ♩♫♪   ♩♫♪   ♩♫♪    ♩♫♪    ♩♫♪   ♩♫♪  ♩♫♪ 

◆「音楽リハビリ指導員養成講座」好評開催中♪
音楽リハビリ指導員養成講座 ホームページ
【名古屋】9/28(土)9/29日(日)  【東 京】8/24(土)8/25日(日
【仙 台】7/27(土)7/28日(日): 9/14(土) 9/15(日) 【大 阪】9/7(土) 9/8(日)
音リハ講座HP

◆「音楽リハビリデイサービスゆらリズム」ホームページ
ゆらリズム~音楽で健康も生きがいも~
音楽リハビリ

テーマ : レクリエーション ジャンル : 福祉・ボランティア

10:41  |  音楽療法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.11 (Thu)

プログラムより「非日常空間」を「演出」せよ!

ゆらリズムでは音楽が途切れることはありません。

●ゆらリズムのサービスの流れ
送迎→受入れ→ヨガ→ティータイム→リズム運動→ティータイム→音楽セッション→ティータイム→送迎

リラクゼーションヨガ

【送迎中】
車内では懐メロが流れています。店舗到着まで「この歌手誰だっけ?」などの会話で盛り上がります。
【受入れ】
店舗に到着するとジャズとお香の匂いが流れており、まるで喫茶店のような雰囲気です。
【ヨガ】
最初のプログラムであるヨガの際は、照明を暗くしてヒーリングミュージックをかけます。そこでは癒しの空間が広がります。
【ティータイム】
ヨガ終了後には照明は明るくなり、アップテンポなジャズが流してティータイムになります。
【リズム運動】
ヨガで全身をほぐした後は、全身エクササイズであるリズム運動を行います。その時はフィットネスクラブでかかるようなアップテンポなダンスミュージックが流れます。

音楽

このように、ゆらリズムでは自宅を一歩出た時から、音楽づくしの空間を演出するわけです。
まるでディズニーランドのゲートを入った時のように、いつもの日常空間から非日常空間を提供します。
さらにお香を焚いたり、室内の照明を消したりすることで、聴覚だけでなく嗅覚・視覚にもうったえる演出をします。

レクや機能訓練などを提供する際、そのプログラムの中身にばかりに目を向けがちです。
ただ、提供するプログラムについて立ち止まって、「演出」にも目を向けてみてください。

ご利用者さんの満足度は必ず上がるはずですよ!

♩♫♪   ♩♫♪  ♩♫♪   ♩♫♪   ♩♫♪    ♩♫♪    ♩♫♪   ♩♫♪  ♩♫♪   

◆「音楽リハビリ指導員養成講座」好評開催中♪
【仙台】7/27(土)7/28日(日) ・ 9/14(土) 9/15(日)
【東京】7/20(土)7/21日(日) ・ 8/24(土)8/25日(日)
【大阪】9/7(土) 9/8(日)
音楽リハビリ指導員養成講座 ホームページ
音リハ講座HP

◆「音楽リハビリデイサービスゆらリズム」ホームページ
ゆらリズム~音楽で健康も生きがいも~
音楽リハビリ

テーマ : レクリエーション ジャンル : 福祉・ボランティア

22:45  |  音楽療法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.11 (Thu)

音楽レクは全員参加を目指してはダメ。

認知症専門デイにお伺いした際、音楽レクの相談をされた事例です。
季節は春だったので「サクラ」を皆さんで歌っていました。皆さんに鈴やタンバリンを渡して参加型の音楽レクです。ただ、参加されている方々はあまり楽しんでいるようには映りません。

「音楽の時間、ご利用者さんが盛り上がらなくて困る。こんなに音楽は楽しいのに。。どうすれば良いのでしょうか。。」
このスタッフさんは、ご利用者さん思いで音楽の力を信じている方でした。自分の力不足で盛り上げれないことに悩んでます。

ボイトレ

私も音楽は好きですし、色々な力があると思っています。
ただ、そもそも音楽が好きでない方もいます。また音楽好きな方でも、その日の気分や体調によっては参加したくない時もあります。私は無類のラーメン好きですが、さすがに毎食ラーメンは食べれません。食べたくない時もあります。

「無理に音楽プログラムをやらなくて良い」「全員参加を前提にせず、参加したい方にサービスを提供する」これが私の考えです。

それには「顧客を知る」ことが重要です。介護施設ならフェイスシート、ケアプラン、またその日のバイタルや表情、会話などから総合的に判断する必要があります。

音楽を提供しても良い環境がすべて整っているのに盛り上がりに欠ける場合、はじめてスタッフの力不足ということになります。そもそもベテランの音楽療法士が行っても無理な環境もあります。なので必要以上に気にしないことです。

「ご利用者さんに何とか楽しんでもらいたい」という思いを持ってること自体、一番すばらしいことだと思います。

音楽

この話には続きがありまして、先ほどの施設に通うご利用者さんは特殊な方々でした。実は皆さん帰国子女なのです。なのでそもそも日本の歌は知らないのです。

そこで私は「ご利用者さんが暮らしていた国の歌をBGMでかけてみてはいかがでしょうか」と提案しました。
するとどうでしょう。皆さん自然に歌いだしました。

音楽にかぎらず、「サービスはお客様を把握して提供することが基本」だということを改めて思った出来事でした。

♩♫♪   ♩♫♪  ♩♫♪   ♩♫♪   ♩♫♪    ♩♫♪    ♩♫♪   ♩♫♪  ♩♫♪   

◆「音楽リハビリ指導員養成講座」好評開催中♪
【仙台】7/27(土)7/28日(日) ・ 9/14(土) 9/15(日)
【東京】7/20(土)7/21日(日) ・ 8/24(土)8/25日(日)
【大阪】9/7(土) 9/8(日)
音楽リハビリ指導員養成講座 ホームページ
音リハ講座HP

◆「音楽リハビリデイサービスゆらリズム」ホームページ
ゆらリズム~音楽で健康も生きがいも~
音楽リハビリ



テーマ : レクリエーション ジャンル : 福祉・ボランティア

11:15  |  音楽療法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.01 (Mon)

音楽療法士の10人に1人も実施していないが重要なこと。

音楽療法の専門学校で相談されたケースを紹介します。音楽療法士に限らず、有用な情報かと思いましたので共有します。

「音楽療法におけるフェイスシートとケアプランの活用について」です。

音楽療法士が介護施設の社員として働いているケースは稀で、ほとんどが外部からの派遣になります。なので、音楽療法士は対象者についての情報は、施設職員よりも圧倒的に少なくなります。

この溝を埋めるツールが「フェイスシート」と「ケアプラン」です。ただ、残念ながらこのツールを使っている音楽療法士は10人中1人もいないと思います。

カルテ

「フェイスシート」とは、利用者の生年月日、趣味、生活歴、病歴などの情報が記載されているカルテです。介護施設は必ず保管しています。「ケアプラン」はそのフェイスシートを踏まえ、対象者への「通所」「入所」「訪問」などの介護保険サービスを中心とした支援計画書です。これはケアマネージャーが作ります。

この「フェイスシート」と「ケアプラン」は介護施設においては大変重要な書類になります。これを把握していない介護職員は利用者と接するわけにはいきません。

【ケアプランがどんなものか知りたい方はコチラ → ケアプランの事例

音楽療法士が、施設と定期契約をしているのであれば、参加者と顔なじみになっていくはずです。音楽セッションを半年続けてからようやく「Aさんの出身が宮城県だった」「Bさんは昔、三味線の先生をしていた」などの情報を得ているようでは問題です。

経営コンサルタントはまず「顧客を知る」ことから始めるそうです。コンサルタントに限らず、まず「相手を知る」ということは大変重要なことではないでしょうか。

ほとんどの音楽療法士は「フェイスシート」と「ケアプラン」が無くても素晴らしいセッションをしていると思います。
ただ、これらのツールを活用することで、さらに「深み」のあるセッションになるでしょう。

♩♫♪   ♩♫♪  ♩♫♪   ♩♫♪   ♩♫♪    ♩♫♪    ♩♫♪   ♩♫♪  ♩♫♪   

◆「音楽リハビリ指導員養成講座」好評開催中♪
音楽リハビリ指導員養成講座 ホームページ
音リハ講座HP

◆「音楽リハビリデイサービスゆらリズム」ホームページ
ゆらリズム~音楽で健康も生きがいも~
音楽リハビリ

テーマ : 福祉・医療系の資格 ジャンル : 福祉・ボランティア

21:03  |  音楽療法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。